不妊の原因・卵子の老化シリーズmRNAの減少|船橋市ぬくもり鍼灸院【不妊症鍼灸治療】

卵子のDNA損傷について(不妊症)

不妊症鍼灸院でDNA損傷に対するケア・予防

修復能はDNAの質をコントロールする母体側の転写や蛋白が関わっているものと考えられる。母体や卵子の加齢に伴ってmRNAの貯蔵量が減少し、その結果、DNAの修復の能力が低下し胚発育にもネガティブな影響が及ぶのではないかと考えられている

下は解りやすい記事となります

私たち動物の体を構成する細胞の中では、遺伝子から転写・翻訳されたRNAやタンパク質の働きで細胞内の色々な営みを行っています。一つ一つの細胞には、身体を構成するために必要な設計図であるDNA(遺伝子の実体)がお母さんから1セット、お父さんから1セット、計2セット存在しています。大きな受精卵にも他の細胞と同じく2セット存在しています。ここで問題なのは、他の細胞に比べて非常に大きな細胞である受精卵にも他の細胞と同じだけの設計図しかないということです。フル稼働で設計図であるDNAを転写・翻訳しても、作られたRNAやタンパク質が細胞の隅々まで行き、きちんと働くことは困難です。そのため、受精卵がまず行うのが成長しない細胞分裂(卵割)です。細胞分裂の度に細胞の大きさが小さくなって行き、DNA量に対する細胞の大きさの比率が小さくなり、転写・翻訳されてできたRNAやタンパク質が細胞内全域に働きかけることができるようになります。それでは、この卵割の間は、転写・翻訳はどうなっているのでしょうか。実は、翻訳は行われるのですが、基本的にDNAからRNAへの転写は起こっていません。それでは、翻訳の時に必要なRNAはどうしているのでしょう。実は、お母さんの身体の中で卵の元となる卵母細胞が受精後に使う栄養を蓄え大きくなっている時、卵割の時に必要なRNAもたくさん転写して卵の中に蓄えているのです。中には翻訳まで行いタンパク質として蓄えられるものもあります。また、卵割が終わると細胞が分化を始めますが、この時に必要なタンパク質をコードしているmRNAも卵母細胞の時に転写され、卵の中の必要な場所に局在して存在しています。このように、卵割や細胞分化に必要な多くのRNAやタンパク質が受精卵の中に既に存在しており、必要なタイミングで翻訳されたり活性化することで、発生が正常に進行していきます。

高校生の生物で習った言葉ですが、全く意味が解りませんね

でも嫌がらせのような話は続きます
加齢に伴いタンパク質の合成は減少します。
リボソームや翻訳因子の活性低下、mRNA量の減少などが原因として老化=質の低下=卵子の質低下
タンパク質の分解も加齢に伴い減少する為にターンオーバーが低下する。
哺乳類では加齢に伴いプロテアソーム(タンパク質の分解を行う巨大な酵素複合体である)の量は変化しないが活性が低下します
食餌制限はプロテアソームの活性を回復させる。
飢餓ではミトコンドリアにおける活性酸素種(ROS)の産生が増加します

それが部分的にはホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)を介してオートファジーを促進させる。ROSはシステインプロテアーゼ(Atg4)を酸化し抑制する事で

オートファジーを促進させている事も報告されている。変異型のスーパーオキシドディスムターゼ(SOD1)を骨格筋で発現するマウスでもオートファジーと筋萎縮が促進される事が報告されている

まとめ

プロテアソームの活性を回復させる、これは「食餌制限」ではなく
インスリン抵抗性の原因は小胞体ストレス メカニズムを解明(金沢大学)これは栄養=卵子の向上と考え、インスリンの抵抗性を関上げた食事にすることが大切だと関上げています。

またこれは私の過程ですが染色体異常≒mRNAの減少とします

卵子にミトコンドリアを注入する話題があったと思いますがミトコンドリアが注入される事により、mRNAの減少が減少するのではないかと考えており現在では自家産ミトコンドリアを使用する技術もありますので、アホの部分もクリアしていくのではないかと

結果:ミトコンドリアを増やす!

※へんなサプリ・ファスティングに逃げることは避けてください

今回はプロテアソームの活性化でmRNAの減少を抑えられるのではないか?と言うひとりごとです

ミトコンドリア・メラトニンと染色体異常|船橋市ぬくもり鍼灸院【不妊症鍼灸治療】
グレードも卵子の形も基本的には簡単に修復できます。しかしグレードなどでは染色体の異常はまるでわからないと考えますがやはり受精してからの染色体異常を防ぐ策にはなるのではないか?と考えています
酸化ストレスと卵子の質・染色体異常|船橋市ぬくもり鍼灸院【不妊症鍼灸治療】
そのためには、卵子のクォリティ(質)が非常に大きく関わってくるのですが、卵子の老化とは、女性の体内で作られる卵子が、酸化ストレスによって、クォリティ(質)が悪くなる=卵子の中の遺伝子がダメージを受けることです
染色体と肥満|船橋市ぬくもり鍼灸院【不妊症鍼灸治療】
米生殖医療学会の調査によれば、肥満男性は標準体重の男性に比べ精子数が28%減少奇形率の上昇、運動率の低下、DNA損傷率の増加も認められたそうです。
不妊の原因・卵子の老化シリーズmRNAの減少|船橋市ぬくもり鍼灸院【不妊症鍼灸治療】
プロテアソームの活性を回復させる、これは「食餌制限」ではなく インスリン抵抗性の原因は小胞体ストレス メカニズムを解明(金沢大学)これは栄養=卵子の向上と考え、インスリンの抵抗性を関上げた食事にすることが大切だと関上げています
船橋市不妊症鍼灸|ぬくもり鍼灸院AMH0.0からの出産・48歳の出産【東洋医学の鍼治療】
千葉県船橋市で不妊症に対する鍼灸といえばぬくもり鍼灸院です。AMH0.0からの出産、47歳の妊娠をはじめ医師や検査機関(メディア出演もあります)と連携し最先端の知識と経験を活かし不妊症に対し鍼灸をおこなっています。本八幡駅と西船橋駅の間下総中山駅北口徒歩1分
染色体異常
紹介する(してください)
nukumoriをフォローする
船橋市不妊症鍼灸|ぬくもり鍼灸院AMH0.0からの出産・48歳の出産【東洋医学の鍼治療】