プロラクチン基準値(不妊症)

プロラクチンの基準値

プロラクチンの値は採決した時間に注意

夕方とと朝では全くの別物それがプロラクチンです。プロラクチンについては掛かりつけのクリニックで言われなければあまり気にしなくて良いものですプロラクチンというものは高すぎでも低すぎても排卵障害が起きます。ここでの排卵障害は成熟卵が取れない(取りにくい)ですが

基本はプロラクチンが全て悪い(原因)というのは稀な感じがしまいますがとても大切な事です。プロラクチンと言えば下垂体ですが
下垂体と言えばFSH,LHなど全体のバランスをみて判断するのもよいと思います


あとは低温期がバラつく・ガチャガチャなどもありますが

これは寝る時間や起きる時間が不規則な場合(1時間以上変わる)場合などは基礎体温は乱れますので、満たれているから私は高プロラクチンだと深く考えないことも大切です

不妊鍼灸についてぬくもり鍼灸院では専門的な不妊鍼灸治療を行っています
当院の不妊鍼灸治療は、機能解剖や生理、臨床データ、エビデンス(科学的根拠)を重視する現代医学をベースにし東洋医学との融合を目指し約25年、東洋医学とは?を考え施術を行っております
根拠のある施術と生活習慣に対するアドバイス。一人一人違う行動が不妊から妊娠そして出産へと信じております
ぬくもり鍼灸院の不妊鍼灸の特徴
・できる限り見え納得できる不妊鍼灸を行っております
曖昧な表現で妊娠しやすい身体作りや「冷え性改善」し妊娠を目指しましょうではなく「これをすればこの機能は改善する!」「弱点を克服する」など目的を明確にした説明と施術を行います。
弱点はみなさん違います。同じことをやれば良いのであれば全て同じ人間になります。違うから楽しいのです
知識と経験から生まれた「実績」の不妊症鍼灸と生活習慣の改善詳しくはホームページを覗いてみてください
船橋不妊鍼灸ぬくもり鍼灸院
利用者さん向けページ
周期に合わせたアドバイス:簡単なご案内